●飛行機関連の最新記事●

自家用機パイロットの楽しみ・悦び・苦悩・疑問・怒り・驚き等の情報をメインに書きますが、飛行機に関係のない趣味の話題も時々書きます。
コックピットからの動画撮影は、今や自家用機しか出来なくなりました。やはり、シュミレーターと違った臨場感があります。

■RJKI(喜界島空港)へ

aopa-japan
●2016年4月28日、久米島空港で行われるAOPAフライインに参加する途中で、RJFM(宮崎空港)で給油したあと、奄美VORTAC経由で初めての喜界島に降りました。
 喜界島空港の運用時間が迫っていたため、奄美上空でのHOLD指示がきた時には焦りました。
 コパイ席のO氏親子、ラスカルらとともに夜は記憶がなくなるまで泡盛で盛り上がりました。
 フライトの前日は飲みすぎてはいけません。

■RWY25への着陸
 双発のライン便が離着陸する画像は、YouTubeにもいくつかありますが、やはりライン機はSPEEDや高度が異なりますね。



■RWY07からの離陸
 07から上がり時計回りに島をぐるっと回って徳之島VORに向かいます。 


posted by キャプテン101 at 18:36 | キャプテン飛燕のフライト記>日記

■RJSDへのLDG動画

●2016年4月27日、新潟での仕事の帰りに、RJSD(佐渡島飛行場)RWY28に着陸した時の動画です。折からの強い南風でスレシホールド直後に少しフラれました。
新潟空港から佐渡は目の前です。佐渡島飛行場は現在定期便の就航がないため、使用するのはほぼ自家用のみのようで、とてもモッタイナイ状況です。県の予算にも限りがありますので、皆さんでどんどん使いましょう。

aopa-japan



posted by キャプテン101 at 11:32 | キャプテン飛燕のフライト記>日記

■2016年度無農薬大豆の播種(はしゅ)

●今年も十勝の鎌田農場で無農薬大豆の播種(はしゅ〜種まき)が行なわれました。
 例によって空撮動画も入っていますが、いつもながら低高度・低速の畑の撮影は、サーマルと風との戦いですので、あまり安定した画(え)になりません(言い訳)。
 特にPA46は、以前のPA28Tに比べると高速安定性は良いのですが、低速で高度を維持しながらバンクを入れるような飛び方には向いていません。
『ドローンで十分だろ』という声も聞こえますが、ドローンには弊社のお客様は乗せられませんので・・・。

 これから11月の刈り取りまで、(ほぼ)毎月画像や動画で畑の様子をお伝えしていきます。




posted by キャプテン101 at 00:45 | キャプテン飛燕のフライト記>日記

■本田エアポートRWY14のShort Final

●2/12に本田の14へ降りた際の動画です。
 後部席から撮ると、なんとなくライン機のようなアングルで撮れます。
 PA46のスレシでの機速は、Vrefから計算して2名乗って78ktが基準ですので、この速度なら安定したApp.で600mのRWYでも余裕で止まることができます。
 Touch Down後に展開するSpeed Brakeの効果は、面積は小さいのですが、速度を落とす効果よりも安定度が高まる気がします。

aopa-japan




posted by キャプテン101 at 00:23 | キャプテン飛燕のフライト記>日記

■コツコツ貯めたOIL

●PA46で2代目のWXXONのELITEというOILです。
 20W50ですので、より高温域での粘性を重視した設計のようですが、PHILLIPSの20W50と比べて、価格が安いというだけで、時間当たりの消費量は変わらないようです。
 OIL交換のたびに容器の底に残ってしまう少量のOILを、容器を斜めにして一晩置いておくと、1年で容器1本ぶんが溜まります。
 1Qが1.000円強ですので、さほど得をしたという気にはなりませんが。
 ちなみに、プリフライトでドレンから抜いたAVGASを貯めておき、自動車に使っている人がいるそうですが、含まれている鉛化合物がシールを溶かす場合があるそうですのでご注意を。



aopa-japan


posted by キャプテン101 at 13:28 | キャプテン飛燕のフライト記>日記

RJSS(仙台)RWY30へのLDG

●久しぶりの仙台空港です。
 本田を離陸後にJD(宇都宮)からクリアランスをもらい、A100で仙台に向かいます。ATISが報じる風的にはusing rwy27/30です、ILSのあるRWY27でも降りられるのですが、海の上をグルーっとレーダーで回される時間(燃料)がモッタイナイので、RWY30のfinalまで引っ張ってもらい、そこからアプローチしました。
 天気は良く、VFRで降りようかなとも思いましたが、風もそこそこ吹いていたのでIFRのまま降りました。
 新潟空港などもそうですが、手前に川や海があると精神的に高めのパスになってしまうのは、私だけでしょうか。
 今回は風も吹いていたので海をクリヤするまでは意識的に高めのパスでアプローチしました。




posted by キャプテン101 at 00:52 | キャプテン飛燕のフライト記>日記