●飛行機関連の最新記事●

自家用機パイロットの楽しみ・喜び・苦悩・疑問・怒り・驚き等の情報をメインに書きますが、飛行機以外の仕事や趣味の話題も時々書きます。
左メニューのコックピットからの動画撮影は、今や自家用機しか出来なくなりました。やはり、シミュレーターと違った臨場感があります。

下地島空港RWY17へのLDG

aopa-japan
●RORS(下地島空港)へ行ってきました。この空港は民間ライン機の訓練や自衛隊などが使っていましたが、2019年3月からは国際空港となり、さらに広く利用されることになります。
RWYの両側にILSが設けられている上、エプロンも広くて宮古島へのアクセスが悪い以外は最高の空港です。2019年に向けて宿泊施設やレンタカーなども完備されるそうです。

■RWY17への着陸
 スポットインまでのロングバージョンです。
サンゴ礁に囲まれて、エメラルドグリーンに輝く海の上をアプローチする気分は最高です。



posted by キャプテン101 at 02:12 | キャプテン飛燕のフライト記>日記

新年明けましておめでとうございます。

IMG_3332.jpg

今年も安全飛行で頑張ります。

posted by キャプテン101 at 22:36 | キャプテン飛燕のフライト記>日記

バッテリーを長持ちさせよう

● 日本で飛んでいる殆どの小型機は、1890年代から2000年代前半のものが多いのではないかと思う。Jナンバーで言うと3900番台以降か。私の機体(2000年製)も含めてその頃の機体に使っているバッテリーは、はっきり言って前世紀の遺物、シーラカンスの様な鉛蓄電池だ。
もちろん、能力が低下した際には互換性がある密閉式のバッテリーへの交換がSBなどで認められている機種もあるが、それでも旧式のバッテリーのまま、交換しながら飛んでいるオーナーも多いと聞く。
aopa-japan


 モールド型(液交換不要の密閉式タイプ)でも、蓄電能力や寿命があまり変わらないのに、価格だけ高くなっている(1個数万円)のも原因だろう。寿命や能力という意味では、最新の自動車に使われていて、オートバックスで売られている3.980円のバッテリーの方が、だんぜん優れている。
それでも12vで動く機体はダマテンで交換することもできる(事故った時に保険が降りなくなる可能性あり。決して勧めません)が、PA46のように26Vで飛ぶ機体は、同規格の代替品が少ないためポンポン換えられず、バッテリーを大事にしながら飛ぶしかない。
 私はフライトの後には毎回、バッテリーを持ち帰って次回フライトまで自然放電を補う程度の微弱電流で充電、いわゆるフローティング充電を行っている。そのおかげか、2014年8月に新品購入したバッテリーがいまだに使えているし、比重の落ちやバラつきもなく内視してもセルの状態は悪くない。
トラブルといえば、先日ターミナルが少しぐらついてきた(付け外し頻度が多いから)ので、エポキシ系接着剤で固着させたくらいだが、もちろん予備バッテリーも積んで飛びながら、このバッテリーがいつまで使えるか挑戦中だ。

aopa-japan
posted by キャプテン101 at 14:16 | キャプテン飛燕のフライト記>日記

■台風シーズンのイベント

●台風21号あとの荒川河川敷空港の様子です。
 毎年、この時期のイベントとも言える台風に備えた機体の大移動ですが、今年は関東を直撃とあって風が非常に強く、機体を避難させてあっても不安でした。

aopa-japan
aopa-japan

この写真はすでにT21が過ぎた後です。関東の通過直後は荒川の水位が上がり、滑走路もエプロンもみんな水没しました。エプロンには1機も飛行機はいません。

aopa-japan

にぎやかに機体があるこの場所は本来、車の駐車場です。毎年のことなので、地面に機体係留用のアンカーが埋められていて強風でも安心です。H田航空のセスナなどはほとんどハンガーに入れますが、オーナー機は野外駐機になります。また次の台風22号が近づいているので、カバーなどはかけられません(どこかに飛んでいってしまうため)。全機、垂直尾翼に舵止めの板が取り付けられています。

aopa-japan

ここまでエプロンからエンジンかけてTAXIしてくるのも大変です。もちろん、H田航空の皆さんが手分けして運んでくれます。毎回ご苦労様です。

aopa-japan

JA101Eは飛ばない時にバッテリーを外しておくため、1機だけトーイングカーで引っ張ってきたそうです。エプロンに戻す時大変なので、バッテリーを付けておいてくれと頼まれ、この日は雨の中バッテリーを取り付けに来ました。
写真右の奥に荒川の土手に上がる坂が見えますが、この駐車場にTAXIしてくる時は、H田航空の職員の方が誘導しながらこの坂を下りてきますし、エプロンに戻る時にもこの坂を自走して上がります。

aopa-japan

結構、雨が強いので、軽ワゴンのゲートの下で取り付け作業をしました。高さがちょうど良かったです。台風22号が近づいているので、プロペラも地面にタイダウンされていますね。
posted by キャプテン101 at 15:22 | キャプテン飛燕のフライト記>日記

蒲田農場の空撮

■2017年6月の蒲田農場(空撮)
 今年(2017年)中札内の無農薬農場は、昨年の圃場よりさらに数Km南に下がった場所になります。やっと大豆が芽を出した圃場をJA101Eで空撮してみました。高速で飛んでいるので分かりにくいかもしれませんが、まだ緑の葉が出ていない茶色い畑に、蒲田さんと北海道有機農研の職員さん2人が立っている畑が、当社の今年の契約圃場です。
 実はこの動画、再生速度が50%に設定してあるので、実施はこの倍の速度で飛んでいることになります。
 家畜小屋やゴルフ場などが点在しているため、低高度を低速で飛ぶことができないため、このような方法になりました。



posted by キャプテン101 at 00:00 | キャプテン飛燕のフライト記>日記

■RJKI(喜界島空港)へ

aopa-japan
●2016年4月28日、久米島空港で行われるAOPAフライインに参加する途中で、RJFM(宮崎空港)で給油したあと、奄美VORTAC経由で初めての喜界島に降りました。
 喜界島空港の運用時間が迫っていたため、奄美上空でのHOLD指示がきた時には焦りました。
 コパイ席のO氏親子、ラスカルらとともに夜は記憶がなくなるまで泡盛で盛り上がりました。
 フライトの前日は飲みすぎてはいけません。

■RWY25への着陸
 双発のライン便が離着陸する画像は、YouTubeにもいくつかありますが、やはりライン機はSPEEDや高度が異なりますね。



■RWY07からの離陸
 07から上がり時計回りに島をぐるっと回って徳之島VORに向かいます。 


posted by キャプテン101 at 18:36 | キャプテン飛燕のフライト記>日記