●飛行機関連の最新記事●

自家用機パイロットの楽しみ・喜び・苦悩・疑問・怒り・驚き等の情報をメインに書きますが、飛行機以外の仕事や趣味の話題も時々書きます。
左メニューのコックピットからの動画撮影は、今や自家用機しか出来なくなりました。やはり、シミュレーターと違った臨場感があります。

■骨董市での掘り出し物

■久しぶりに埼玉アリーナの骨董市に行ってきました(2010.5.26)。



 東京ビックサイトや横浜アリーナでの骨董市にはよく行くのですが、埼玉アリーナは近いので寄ってみました。5/25と26日の2日しかないので、最終日には値切りやすいものです。
 私は陶器やアンティーク家具などにはあまり興味がなく、おもに探すのは昔の玩具や真空管式ラヂオなどの家電、それに軍事モノなどです。
 で、今回見つけた掘り出し物(本人がそう思っているだけ)の目玉は・・・・
 コレです。



 戦時中に使っていた古〜い計算尺です。
 フライトコンピュータに使おうとすると、数字の読み方が少し違うので大変そうです。もちろん風出しはできませんので、速度と時間、距離などの計算などができます。

 値段は・・・ご想像にお任せします。



 海軍将校の自宅の蔵から業者が掘り出してきたそうですが、また同じ家に掘り出しに行くので、次回はまた面白い物が出てくるかもしれない、とのことでした。
 できればゼロ戦などで使っていた、フライトコンピューターを探し出したいものです。



 裏面は度量衡の換算表です。1mは3尺3寸、などと書かれています。
 こういった換算表を使って、戦地で弾の速度や飛距離などを計算していたのでしょうか。
 このお店には予科練の制服や軍刀なども並んでいました。
 計算尺の他にも、鋳物のプロペラ形のアクセサリーもgetしました。



 次回も行ってみようと思いますが、この業者さんのお店は横須賀にあるというので、今度訪ねてみようかと思います。
 しかし我ながら物好きだな・・・と。


posted by キャプテン101 at 10:26 | Comment(0) | キャプテン飛燕のフライト記>日記