●飛行機関連の最新記事●

自家用機パイロットの楽しみ・喜び・苦悩・疑問・怒り・驚き等の情報をメインに書きますが、飛行機以外の仕事や趣味の話題も時々書きます。
左メニューのコックピットからの動画撮影は、今や自家用機しか出来なくなりました。やはり、シミュレーターと違った臨場感があります。

■大型機での被爆


 福島原発から半径30kmの円で飛行禁止区域を設定しても、実際30km の円は直接の放射線の事しか考えておらず、上空の風や雨などの気象状況での飛散が考慮されていない、と前の記事で書きました。
 また、その飛散状況はすでに初期段階で気象庁で把握しているものの、海外メディアのみへの提供であったこと、その背景には気象庁は原子力の専門家ではなく、データー公表による国民の反応を恐れたらしいという事が考えられます。 
 正確な飛散データーを公開し解説できるのは気象庁のような専門集団だけであり、専門家は真実の公開によってどのような反応があるか、は考えるべきではないと思います。

 → ドイツで公開されている放射性物質の飛散を分析した動画
 3/12〜3/17までの福島原発から飛散するヨウ素131の飛散シュミレーション

 この季節は上層では西風が卓越しているので、上の動画でも分かるように放射性物質は西風に乗って飛散すると考えられます。

2011.3.31 00:00Z

↑ 高度約18.000ftでの風

 現在でも止めるすべなく原発から放出されている放射性物質は、待機中のエアロゾルに吸着される形で運ばれると考えられます。
 エアロゾルとは、雲の発生に関わる中心となる雲核(うんかく:Cloud nucleus)と成りうる、陸上で舞い上がった砂埃(風塵)の粒子、火災の際に出る 煙の粒子、火山の噴火で出る噴煙の粒子、細かい海水のしぶきが蒸発した際に残る塩分の粒子(海塩粒子)、人為的に出される排気ガスに含まれる粒子などです。
 これらは飛行機が飛ぶような対流圏に存在しますので、動画の中で色がついた部分、つまり放射性物質を含んだ大気の中を飛行する際に、機内にいる人が被爆するかどうか非常に気になるところです。

 私が飛ばすような小型機は、ほとんど外気を取り入れながら飛んでいますので、つまり上記のような空域を飛ぶことは放射性物質の濃度によっては危険かも知れません。
 では、大型の旅客機の場合はどうでしょうか。 
 大型機は、与圧といって外気圧より高い気圧を客室にかけていますので、一見、外気と遮断されているようなイメージを持ちがちです。
 しかし、実際はエンジン部分から取り入れた外気を引き込み、フィルターを通した後で圧力をかけて室内に持ってきているだけです。
 つまり、乗っている人はすべて外の空気を吸っているのと同じです。
 
 わずかな救いは、外気を圧縮して客室に取り込む際に、水分を除去してから放出しますので、水蒸気や水滴についている放射性物質はある程度除去される可能性があります。

 この時期、航空機を飛ばす場合は風向きを十分に考えたルート選択が必要かもしれません。
 
※ 以下、この件に関する友人の大型機整備士のコメントです。

『大型機の与圧はエンジンのコンプレッサー中段と後段からエアをブリードし、その 高温高圧のエアをレギュレート、クーリングして使っています。同時にクーリングの強さを調整し、客室のテンプコントロールしています。
なので、大気中に放射性物質があると機内に取り込まれます。B-787は別な方法で与圧及びテンプコントロールしますので、その心配はなくなります。
ちなみに、オゾンについてはオゾンコンバーターを使用しますので客室には取り込ま れません』



posted by キャプテン101 at 23:06 | Comment(0) | キャプテン飛燕のフライト記>日記

■放射性物質の飛散

■現在、福島原発の上空は30km(3/15 現在)の範囲で航行禁止の措置が取られています。
 今の時期は、西風100kt 程度のジェット気流があって、北海道方面の離発着の各航空機は西側に迂回をしているようです。
 何回かの建屋の水素爆発の結果、一時的に線量が上昇する可能性がある場合以外には、飛行機で直上通過しなければ、大気への飛散によって放射性物質の濃度が薄まり、ある程度離れて飛べば、直接的な影響は非常に小さいと考えてます。

 しかし今回の事故では、飛行禁止区域は30km の円ですが、これは直接の放射線の事しか考えておらず、上空の風や雨などの気象状況での飛散を全く考慮してはいません。
 3/13 以降、上層は西風が卓越しているので、西側を飛べば放射線の影響は少ないと考えられますが、この時期に飛ぶ場合は、上層の風の予測も含めた飛行禁止区域の設定が必要ではないでしょうか。
 特に小型機は高度が低いので、要注意。4月には北海道に飛ぶ予定なので、なるべく日本海側を飛ぶ予定です。

 ところでこの動画、ドイツメディアのサイトでは、放射性物質の飛散を分析しています(SPIEGEL ONLINEのHP より)。
 この動画はヨウ素131の飛散予測です。

拡散状況


 この動画の元となるデータは、気象庁の技術として各国に提供されたもののようです。
 このプログラムは、さきの宮崎での火山噴火の際の噴出物の飛散状況の報道でも活躍したものです。
 何故国内では公開されないのか、考えなくてはなりませんね。
 実は先日、TBSなどで気象予報を担当している森田正光氏に話を伺う機会があったので、どうして気象庁はこの様なデータを公開しないのか聞いてみました。
 しかし、やはり政治的な配慮で、気象庁の本当の事はダイレクトに公開できないようだというお返事でした。

 国民が極めて危機的な状況に向かっているときに、やはり政府のこの体質は変わらないのですね。
 
posted by キャプテン101 at 11:45 | Comment(1) | キャプテン飛燕のフライト記>日記

■おいおい!!

■嘘だろ!・・・というニュースです。
 
 28日に採取した水は安全だと30日に発表しているので、22日の水が危ないという事は23日には分かっていて24日には発表できたはず。
 汚染がなくなるまで待ってから発表するという姑息なやり方・・・、許せませんね。
 どこかから圧力がかかったのでしょうか。
 森田健作知事よ、『俺は男だ!』と言って明らかにしてくれ。


※ 時事通信 3月30日(水)13時50分配信

大人の基準超す放射性物質=22日採取の水から―千葉県

 千葉県八千代市の睦浄水場の入り口手前で22日に採取した飲用水から、大人の飲用基準(1キログラム当たり300ベクレル)を超える放射性ヨウ素131が検出されていたことが30日、分かった。
 市と県によると、この水から370ベクレルの放射性ヨウ素が検出された。また、同浄水場に給水している北千葉浄水場で22日採取されたサンプルを調べたところ、336ベクレルが確認された。
 北千葉浄水場は、八千代市や松戸市など7市に水を供給している。28日に採取した水から放射性ヨウ素は検出されておらず、県は現在、飲用を控える呼び掛けはしていない。 
posted by キャプテン101 at 20:43 | Comment(0) | キャプテン飛燕のフライト記>日記

■「電波時計」の送信所・避難対象で停波


標準電波送信所


↑ 電波時計の電波を発信する福島県都路村の大鷹鳥谷山送信所

 パイロットにとって『時刻』はとても重要なものですが、最近は小型の電波時計が普及し便利んになりました。
 しかし、時刻合わせをしなくても正確な時を刻むはずの「電波時計」が、東日本大震災の影響を受けて、特定の地域で誤差が出ているようです。
 電波時計に時刻などの情報を届ける「標準電波」送信所が、東京電力福島第1原発事故の避難指示の対象区となり職員が全員退避してしまい停波、現在は無人化して運用できなくなっているからです。

 電波時計というのは、日付や時刻などのデータを含む標準電波を1日に数回、自動的に受信して補正することで校正され、正確さを保っています。
 送信される時刻データは『10万年に1秒の誤差』と言われる原子時計に基づいて、福島県の大鷹鳥谷山(おおたかどややま)と、福岡・佐賀県境の羽金山(はがねやま)の2カ所から発信されています。送信所から1.000kmくらいの範囲内ならば安定的に受信できるので、今までは二つの送信所で全国を網羅していました。

 電波時計を運用する情報通信研究機構によりますと、このうち大鷹鳥谷山は福島第1原発から約17kmの場所にあり、3/12日に起きた1号機の水素爆発後に20km圏内に出された避難指示で、職員全員が避難しました。
 高電圧の設備もあって無人では運用できない為、同日午後8時前に停波してしまいました。

 標準電波を受信できなくなった電波時計は、単なるクオーツ時計としてしか動きませんので、1カ月あたり15秒程度の誤差があり、停波後は数日に1秒ずつズレが生じている可能性があるようです。
 折角の電波時計も、数百円で売られているデジタル時計と同じ誤差になってしまったわけです。

 時計メーカー各社には、時刻が校正されないという苦情が毎日寄せられているそうですが、原発問題が解決しない限り、電波時計の精度も復旧する見込みはなさそうですね。
posted by キャプテン101 at 08:46 | Comment(0) | キャプテン飛燕のフライト記>日記

■原発に関する解説

■元、原子力の専門家で経営コンサルタントの、大前研一さんの話がアップされています。
 以下の内容を解説したちょっと長い講演ですが、見てみて下さい。

●東電の機能不全
 ・トップに原子力の専門家がいない
 ・メーカーを出入り業者とする体質
 ・現場まかせ
●政府の司令塔不在
 ・非常事態組織をもたない経産省(原発推進)
 ・専門知識のない保安院(天下り組織)が「レベル5?」
 ・東電内に司令塔を置く非常識さ
 ・『エキスパート』がバラバラな意見
 ・長期展望の欠如
 ・対外コミュニケーション昨日不在(CNN/BBCが代行?)
●NHKなどのマスコミ→プラントを知らない解説者や学者
●国民の不安と不信の増大→真理の委縮→経済低迷

 氏の提案はもっともで、かねてから指摘されている東電の隠ぺい体質は今回に始まったのではない事は、過去の事故を思い起こせば明確です。
 誰の言うことを信じるかは個人の自由ですが、少なくともTV・ラジオのにわか専門家の素人コメンテーターの解説や、ましてお笑い芸人の意見に耳を傾ける気にはなりません。

 この様な事態の中、パニックに陥らない事はもちろん必要ですが、私たちは常に最悪のシナリオを想定して行動すべきであり、正確な情報伝達は不可欠なはずです。 
 NHKよりも、海外メディアは冷静かつ的確に事態を捉えていると考えます。

 まだまだ人類は原子力を扱う力を持っていないのだと、かなり前から私も知人に言われてきましたが、今回の事故でそれも明らかになったようです。
 
 

posted by キャプテン101 at 13:13 | Comment(0) | キャプテン飛燕のフライト記>日記

■東北地方太平洋沖地震

■3/11の大地震に端を発し、未曾有の危機が日本を襲っています。
 様々な意味で、「日本人の力」が試されているような気がします。

 このブログには、災害に関してTVやラジオで繰り返し流される内容以上の情報はありませんが、災害に関連して私の周りで起こったことや、マスメディアには表れない細かい情報について、あまり意見を加えずにお知らせしていこうと思います。

●仙台空港に整備のため駐機していた何機かの知人の機体が、津波で流されてしまったようです。お隣の松島基地でも、何機もの戦闘機や訓練機が流されたり、ハンガーに突っ込んだりしている写真が、Net上でも見る事ができます。
 
●私の仕事関連でも、仙台空港の南、荒浜地区に住んでおられた方が津波の被害に遭われたようです。連絡はとれていません。

●『ホンマでっかTV』のレギュラーでご存知の、中部大学の武田邦彦氏のブログに、化学と原子力の専門家として的確な意見を書かれているので紹介します。
 TVの番組は、視聴者が知りたい肝心な事、たとえば福島の原発は今後どうなるのか、などの内容に触れないように構成されていますので、とても参考になると思います。

●知人M氏からの電話で、福島原発近くの川内村から白川に避難してきたM氏の友人が、川内村は孤立している状態なので、村に連絡を取るため白川に短波帯の(アマチュア)無線機を貸してくれる人がいないだろうか、と相談を受けたそうです。
 こういう事態なので、何年も会っていないJR白川駅そばの知人を紹介しました。
(3/17 連絡が取れたそうです)

●仙台の北西に大崎市という市があり、F君という友人が住んでいるのですが、地震以来ずっと連絡が取れないので心配していました。
 昨日やっと電話がつながり、彼が今回「大崎災害FM」というコミュニティFM局を開局して運用している事を知りました。
 もともと、大崎市の市長を免許人としてコミュニティFM局の開局を申請してきたのですが、なかなか電監(東北総合通信局)の免許が下りなかったのに、災害の直後、問い合わせたら10分で免許が下りたそうです。
 現在、さっそく大崎市古川から79.4MHzで50WのFM放送で災害に関する情報発信を行っているそうです。がんばれ!

                                                               つづく
posted by キャプテン101 at 23:38 | Comment(1) | キャプテン飛燕のフライト記>日記

■RJBH(広島西飛行場)が廃港か? (2011.3.9)


 礼文、弟子屈飛行場に続き、ローカル空港がまたひとつ廃港となりそうです。

 広島市議会の予算特別委員会は8日の本会議で、現市長が推す県営広島西飛行場を市営化する条例案を、賛成少数で否決し、9日の本会議でも否決されました。
 残念ながら市営化の道は絶たれ、西飛行場は廃港の手続きを経てヘリポート化されることが確定的となったようです。

RJBH


 市営化に賛成の市議は広島西飛行場について、「防災拠点としても重要な施設」や「議会が空港存続議論を一方的に終わらせてはならない」と主張。
 市営化に反対の市議16名は「新市長の下で十分議論して結論を出すべきだ」「採算性のない事業に貴重な税金は使えない」と強調しましたが、決議は廃止派が多数となりました。
 空港を管理する広島県の知事も8日の記者会見で、市の意思決定を受け止めると明言し、RJBHは廃港され、県市共同運営のヘリポートに転換される可能性が高まりました。

RJBH


 今後選出される新市長がどう判断するかとの意見がありますが、滑走路を横切る広島南道路(下図)の建設開始が来年秋に迫っており、廃港は不可欠として今回の議決が最終判断となる見方が強いようです。
 空港管理事務所に確認したところ、現場にはまだ具体的な廃止の計画は伝えられていないそうですが、RJBHに離着陸できるカウントダウンが始まったということです。
 埼玉からは簡単に行ける距離にはないのですが、北西風が吹いている時期に、ストレートインしてみたいものです。
 
■RJBH(広島西空港への着陸シ−ン)RWY22
posted by キャプテン101 at 15:06 | Comment(0) | キャプテン飛燕のフライト記>日記