●飛行機関連の最新記事●

自家用機パイロットの楽しみ・喜び・苦悩・疑問・怒り・驚き等の情報をメインに書きますが、飛行機以外の仕事や趣味の話題も時々書きます。
左メニューのコックピットからの動画撮影は、今や自家用機しか出来なくなりました。やはり、シミュレーターと違った臨場感があります。

■BOSEのA20 Aviation Headset

■GWのフライトに向けて、sporty'sのpilot-shopでBOSEのA20 Aviation Headsetを買ってみました。
 今まで使っていたのは、同じBOSEのAviation Headset ですが、噂によるとかなりノイズキャンセル機能が高くなっているらしく、その上、ipodなどの外部音源の入力端子も備わっているというので注文してみました。
 国内では販売されていませんが、netの画面から簡単にクレジットカードで購入できます。
 価格は$995.00、他に送料が少しかかりますが、円高の今はお買い時かもしれません。

 私はこの後、別のアメリカのshopで本年6月から小型機にも装備が義務付けられるELTを10万円ほどで買いました。

BOSE


 大きさは同じですが、かなり軽くなった感じがします。
 ケースもスリムです。

BOSE


 左右独立したボリュームは以前の型と同じですが、外部音源からの入力を切り替えるスイッチが追加されています。

BOSE


 デザインも、すこし洗練されたかんじかも・・・

BOSE


 手前のジャックにipodを接続してみると、かなりイイ音がします。
 今まではADFを利用して中波のラジオを聞くしかなかったのですが、これで少し楽しみが増えました。

BOSE


 ケースに収めたところです。
 BOSEに慣れると長距離の疲労度がぜんぜん違いますので、デビクラ(デビッドクラーク:軍用)も使えなってしまいます。しかし、$995.00はやはり高い気がします。
 国産のSONYあたりのノイズキャンセラー付きのヘッドフォンは5万円以下ですので、改造すれば使えるのかもしれませんが。

 電源は1.5vの単三電池が2本必要ですが、私はエネループ(1.2v)を2本、充電しながら使っています。
 今のところ、連続で10時間くらいはエネループでもOKのようです。
 ヘッドセットをお使いの方は、ぜひお試しあれ。


 


posted by キャプテン101 at 12:25 | Comment(2) | キャプテン飛燕のフライト記>日記