●飛行機関連の最新記事●

自家用機パイロットの楽しみ・喜び・苦悩・疑問・怒り・驚き等の情報をメインに書きますが、飛行機以外の仕事や趣味の話題も時々書きます。
左メニューのコックピットからの動画撮影は、今や自家用機しか出来なくなりました。やはり、シミュレーターと違った臨場感があります。

■コツコツ貯めたOIL

●PA46で2代目のWXXONのELITEというOILです。
 20W50ですので、より高温域での粘性を重視した設計のようですが、PHILLIPSの20W50と比べて、価格が安いというだけで、時間当たりの消費量は変わらないようです。
 OIL交換のたびに容器の底に残ってしまう少量のOILを、容器を斜めにして一晩置いておくと、1年で容器1本ぶんが溜まります。
 1Qが1.000円強ですので、さほど得をしたという気にはなりませんが。
 ちなみに、プリフライトでドレンから抜いたAVGASを貯めておき、自動車に使っている人がいるそうですが、含まれている鉛化合物がシールを溶かす場合があるそうですのでご注意を。



aopa-japan




posted by キャプテン101 at 13:28 | キャプテン飛燕のフライト記>日記

RJSS(仙台)RWY30へのLDG

●久しぶりの仙台空港です。
 本田を離陸後にJD(宇都宮)からクリアランスをもらい、A100で仙台に向かいます。ATISが報じる風的にはusing rwy27/30です、ILSのあるRWY27でも降りられるのですが、海の上をグルーっとレーダーで回される時間(燃料)がモッタイナイので、RWY30のfinalまで引っ張ってもらい、そこからアプローチしました。
 天気は良く、VFRで降りようかなとも思いましたが、風もそこそこ吹いていたのでIFRのまま降りました。
 新潟空港などもそうですが、手前に川や海があると精神的に高めのパスになってしまうのは、私だけでしょうか。
 今回は風も吹いていたので海をクリヤするまでは意識的に高めのパスでアプローチしました。




posted by キャプテン101 at 00:52 | キャプテン飛燕のフライト記>日記