●飛行機関連の最新記事●

自家用機パイロットの楽しみ・喜び・苦悩・疑問・怒り・驚き等の情報をメインに書きますが、飛行機以外の仕事や趣味の話題も時々書きます。
左メニューのコックピットからの動画撮影は、今や自家用機しか出来なくなりました。やはり、シミュレーターと違った臨場感があります。

■燃料高騰で燃料ダイエット

■燃料高騰に苦しむ航空業界では、グラム単位での航空機ダイエットに努めているそうだ。

 サーチャージ(燃料追加料金)で乗客の負担は重くなる一方だが、航空各社は機内の食器や機内誌を軽量化して、涙ぐましいほどの燃料費の削減を目指しているようだ。

 JALグループでは、国際線のビジネスクラスの機内食で使う有田焼を約20%軽量化。スプーン・フォークは『柄』を細くする事で、1本当たり2グラム軽くしたそうだ。
 有田焼は、磁器メーカーが素材の内部に5μ以下の微細な気孔を形成させる技術を駆使して軽くしたという。

 aritayaki.jpg


 1機当たり有田焼は約-3.5kg、スプーン・フォークは約-2.5kgの軽量化に成功したという。
 しかし、合計6キロの軽量化に、いったいいくらの手間と燃料とお金をかけたのだろうか?発案者は、6kgの燃料は何秒で消費されるか知っているだろうか。
 CA6人分の排便で終わってしまう。

 貨物コンテナ(152cm×157cm×162cm)も、従来のアルミ製を昨年度からガラス繊維系の素材を使うことで1台当たり26キロ軽くした結果、1機当たりで約1t軽量化を実現したそうだ。これはすごい。
 従来満タンにしていたトイレなどで使用する給水タンクも、過去の使用実績から1機当たり300〜400Kg軽くしたようだ。

 その他、機内誌のページ数減(1冊当り15g減)、貨物機の外部塗装をしないことで90〜150kgの軽量化も実施している。
 ANAも食器類やコンテナの軽量化に取り組んでいるそうだ。

 JALによると、B-777型1機当たり500kgの軽量化で、年間で1.000万円の燃料費削減が目標だそうで、1kg当たり2万円の燃料費削減効果の換算で、軽量化による燃料費削減目標は、JALグループ全体で年間7億円だそうだ。

 このように、飛行機に限らず軽量化は総合的にやらないと意味がない。
 荷物の制限も始まっているようだし、そのうち体重ごとに料金が変わる時代がやってくるかもしれない。
 その時までに、皆さんダイエットに励みましょうね。

↓クリック拡大します。こうならないように・・・

boot_camp.jpg


posted by キャプテン101 at 19:16 | Comment(1) | TrackBack(1) | 飛行機関連の話題>NEWS
この記事へのコメント
箱崎キャプテン! こんばんわ!
お声がけくださり、誠にありがとうございました。
早速リンクを張らせていただきました。
今後ともよろしくお願いいたします。
Posted by 呑むひょん at 2008年06月23日 20:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

06.23 航空燃料高騰で航空機も減量対策か?
Excerpt:  世界的な原油価格高騰で世の中の何から何まで値上がりして嫌になる今日この頃ですが、航空機の燃料もその例外ではないようです・・・!  ...
Weblog: JK1CWRのHAM Log
Tracked: 2008-06-23 20:42