●飛行機関連の最新記事●

自家用機パイロットの楽しみ・喜び・苦悩・疑問・怒り・驚き等の情報をメインに書きますが、飛行機以外の仕事や趣味の話題も時々書きます。
左メニューのコックピットからの動画撮影は、今や自家用機しか出来なくなりました。やはり、シミュレーターと違った臨場感があります。

■Morning Glory Cloud

■先日、知人のラインパイロットから教えてもらったのですが、オーストラリア北部のカーペンタリア湾という地域で、この様なロール状の変わった形の雲がよく観測されるそうです。

morning_glory

その名も『モーニング・グローリー・クラウド(Morning Glory Cloud)』。
 朝方に多く出現するために、この名前が付いたようですが、他にもアメリカ中部、イギリス海峡、ドイツのベルリン周辺、ロシア東部、オーストラリアの海岸部などで観測されるようで、この雲の成因となる気流を求めてグライダーの人気スポットともなっているようです。
 Morning Glory Cloudは高度3.000〜6.000ft、長さは最大1,000kmにも達して、最大で60km/hものスピードで移動するそうです。 
 Morning Glory Cloudの成因としては・・・

●海風や前線に伴う上昇気流による雲の帯の発生
●夜間の接地逆転による下降流の発生
●収束に伴う上昇気流の発生
●風による鉛直方向の渦の発生

 これらが複雑に組み合わさって写真のようなロール状の雲が発生すると考えられているようです。

 いずれにしましても、強烈な上昇/下降気流を発生するロール雲を求めて飛んでいるグライダー乗りならいざ知らず、こんな雲のそばを飛びたくないものですね。
 観光名物としては面白いとは思いますが・・・。

morning_glory

▲この写真は、セスナから撮ったもののようですが、ある程度の高度を取って撮影しているのが分かります。
 Morning Glory Cloudはロール状対流の産物ですので、このセスナは風を真横から受けて飛んでいると思われます。

morning_glory

▲う〜ん、私はこんなに近づきたくないですね・・・。対流のヘリと思われる位置です。

morning_glory

▲日本でも、現在のような冬型の気圧配置の時に、シベリア方面から強烈な北西風が吹く際に、このようなスジ雲がよく見られます。
 この様なスジ雲とMorning Glory Cloudとは、発生する時間帯や成因、『純度』?が違うのかもしれません。


▲同様に、オホーツク海でも似たような雲が観測されているようです。

morning_glory

▲実は私も、Morning Glory Cloudとまではいかないかもしれませんが、この位の雲なら見た事があります。
 この位置は丘珠をT/O(離陸)して稚内に向かう際の、留萌と利尻島の中間地点で、この時には『変わった雲だなぁ』くらいにしか思いませんでした。 
 この辺はすでにスジ雲の終端部分ですが、もっと西の部分には更にくっきりと丸くロール状になっている『本体』も見えましたので、旋回して撮影すれば良かったなと後悔しています。

morning_glory

▲今年もまた、少し暖かくなってきたら北海道行脚フライト(?)が始まりますので、積極的にMorning Glory Cloudもどきを探してみようかと思います。

(※)一つ前の記事、『気温と真高度』の内容で、中間侵入セグメントでの最小障害物間隔の部分を訂正しました。


posted by キャプテン101 at 09:00 | Comment(0) | キャプテン飛燕のフライト記>日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。