●飛行機関連の最新記事●

自家用機パイロットの楽しみ・喜び・苦悩・疑問・怒り・驚き等の情報をメインに書きますが、飛行機以外の仕事や趣味の話題も時々書きます。
左メニューのコックピットからの動画撮影は、今や自家用機しか出来なくなりました。やはり、シミュレーターと違った臨場感があります。

■(RJNA)県営名古屋空港へ

■GW前になりますが、名古屋への出張に飛んできました。
 やはり1カ月に1回は飛ばないと機体も傷むし、手順も忘れるし、ウデも落ちるし(もともとたしたことないのですが)・・・というわけで、1時間強のフライトです。
 
 RB(荏田ラジオビーコン)あたりからIFRクリアランスをもらって、HYE(横須賀VOR)から259度のラジアルにショートカットして乗っかり、LHE(浜松VORTAC)を経由して名古屋空港という、シンプルなコースです。
 
JA4128

 
 毎回顔が違う、でもいつもの富士山です。
 実は、このあたりは9.000や10.000ftで飛んでいても、所沢の管制にはレーダー画面に映らないのだそうです。
 完全にレーダーに写る高度はFL150、つまり15.000ftまで上がらないと難しいようです。
 しかし関東から箱根あたりまでは横田基地のレーダーには、かろうじて写るそうで、結果として西向きは横須賀VORから浜松へのrootは、横田には承認されますが、逆コースでは東京コントロールへのハンドオフなので、自分とこのレーダーに写りやすいよう、浜松から大島に回されて、横須賀経由のRBというrootとなるのだと、先日、所沢管制勤務の管制官から直接教えてもらいました。
 な〜んだ、では6.000ftのMEAはMVAより低いってことなの?
 それって・・・・・・ど〜なのよ。

JA4128


 偶然、八尾空港から名古屋にきていた同機種のターボアローです。兄弟同士の会話が聞こえるようです。

『あら、久しぶりね』 (by 4128アロー姫)
『やあ、八尾から引っ越してだいぶ経つね。その後ど〜よ、そっちのオーナーは』
『忙しいみたいよ、あんまし飛んでないし』
『やっぱしぃ? ウチんとこもおんなじよ』
『最近燃料も高いしね』 

なんてね・・・

JA4128


 翌日、XAC(大島)経由を嫌って(燃料が余計に必要になるのでアタリマエ〜)、浜松で名古屋からの短いIFRをキャンセル。VFRで箱根を越えて本田空港に戻って来ました。
 ちょうど菜の花が綺麗な季節です。
 着陸後にSPOTまでの『菜の花ロード』をTAXI、かなりイイかんじでした。
 こんなとこは、公営空港にはない醍醐味かもしれません。



posted by キャプテン101 at 17:00 | Comment(1) | キャプテン飛燕のフライト記>日記
この記事へのコメント
35年前には、パイロットになって空を飛びまわるなんて 思ってもいませんでした。
お元気そうで何よりです。
難しそうなブログでついていけませんが、そのまま大人になった(?)姿が想像できます。
どこからコメントいれていいのか、わからなかったので こちらからコメントしました。
恵比寿の恵子です。
Posted by 杉本恵子 at 2011年05月06日 00:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。